ギャラリーについてのWIKI

ギャラリー (美術)

 Penguins

ギャラリー(Gallery, Art gallery)は、美術作品[1]を陳列・展示したり販売したりする施設組織

公共機関美術商建造物等を管理しているのが普通である。美術館と比べると敷地面積や屋内体積は小さく、入場料を取らない場合が多いものの、例外もある。画廊とも呼ばれるが、扱う製作物が絵画に限られないこともあり、近年ではギャラリーという語が選ばれる場合が多い。

単語の来歴[編集]

National Gallery of Art, Washington DC.

日本におけるギャラリーという単語は、英語及びフランス語からの音写である場合が多い。ガレリアは本来イタリア語で「回廊」を意味する。フィレンツェコジモ・デ・メディチが自らの邸宅の回廊を市民に開放し、その収蔵品を閲覧させたことから、貴族階級が絵画を知人たちに見せる目的でもつ部屋を意味するようになり、これらの絵画室が公共化されるにつれ「美術館」と同義に使われるようになった。

イタリアのフィレンツェのガレリア・ディ・ウフィツィ(ウフィツィ美術館)、イギリスロンドンナショナル・ギャラリーテート・ギャラリーテート・ブリテン)などがギャラリーという語を呼称に含む著名な美術館である。なお、日本ではこの用法はあまり見出されない。数少ない例として「東京ステーションギャラリー」「東京オペラシティアートギャラリー」が挙げられる。

未分類カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*